クラミジアは完治するの?治療期間とは

性感染症にかかりやすい10代の若者クラミジアとは性体験の低年齢化に伴い10代、20代の若者の間にも増えている性感染症の一種です。この病気は感染してすぐにきちんと治療を受ければそれほど心配は無いのですが、いくつか注意の必要な怖い病気でもあります。以下にまとめてみました。

まずクラミジア事態はそれほど強い細菌ではありませんので、だいたい一度病院で処方された薬で大抵の場合はすぐに治ります。ただ女性の場合感染しても自覚症状が無い事が多く、そのまま時間の経過と共に細菌がどんどん子宮の奥へ入り込んでいってしまいます。そうなってしまうと子宮内で炎症が起こり痛みを覚える事で病気が発覚するケースもあります。
しかしながら炎症があっても痛みを覚えない場合、知らず知らず症状が進行してしまいます。例えば卵管で炎症を起こしてしまうと管がふさがり不妊の原因となります。卵管は一度塞がると正常の状態に戻すには女性にとって大変な治療を要することになります。

また厄介なのは一度発症しても免疫等がつく訳では無く、何度でも感染する可能性がある事です。その為感染しない為の対策がとても大切になります。
まずクラミジア感染は性病ですので、性行為の際の避妊は鉄則です。次に複数人と性行為がある場合は定期的に検査を受ける事です。クラミジア感染者はHIV感染のリスクが高まりますので、併せて検査を受けておくと安心でしょう。

クラミジア感染の場合、性行為のあるパートナーも必ずと言って良い程感染しているので、双方の治療と完治がとても大事です。どちらか一方が完治していないだけで感染を何度も繰り返す事になりかねません。日常と比べて性器の状態の変化や下腹部の痛み等がある場合は躊躇せず病院で診てもらうようにしましょう。医師の言う事をよく守り治療を受ける事で短期間での完治が可能になります。